陶芸家 中里浩子

MenuOpenMenuClose

中里陶芸教室中里陶芸教室

緑に囲まれた明るい工房で、
ゆったりと作陶していただけます。

中里陶芸教室

15kの電気窯で
酸化・還元焼成が可能です。

釉薬・カンナ・コテなど、
作陶に必要なお道具は取り揃えておりますので、
気軽にいらして楽しんでいただけます。

中里陶芸教室

少人数制の陶芸教室です。
基礎の手捻りコースよりスタートし、
応用の電動ロクロコースへ。
日々の食卓のうつわ造りを指導致します。

初心者は、ぐい飲み、湯呑み、マグカップ、小鉢などカリキュラムに添った作品を成形していただきます。

土に慣れてきたら、基本を中心に様々な技法を体験し、自由な作品造りへと発展していきます。

上級者は上絵付けや土鍋なども成形可能です。

コース・費用

スケジュール

第2・4 火曜
13:00 〜 15:30 *
第 2 金曜
18:30 〜 21:00
第1・3 土曜
10:00 〜 12:30
13:30 〜 16:00 *
第2・4 土曜
10:00 〜 12:30 *
13:30 〜 16:00

その月ごとに受講された回数によって、
受講コースと受講料が決まっていきます。

入会金 10,000円
全コース定員7名
  • 月1回コース
    3,500円
  • 月2回コース
    6,000円
  • 月3回コース
    8,000円
  • 月4回コース
    10,000円

来ることができない日は、
翌月まで日にちを振り替えて受講できます。

※振り替え申し出なくお休みされた場合は、
維持費として1,000円/月、頂戴致します。

※第5週目はお休みとなります。

窯や電動ロクロなどの設備機器のほか、
制作に必要な道具類も用意してあります。

※エプロンをご持参下さい。
また、汚れてもかまわないような服装でお越し下さい。

フリーチケット制

不定期にしか来られない方に便利な、1年間有効で6回分のチケットです。

フリーチケット/1年間有効、6回分
22,000円

上記*印の時間帯をご希望の方は朝日カルチャーセンター・湘南からのお申し込みになります。
詳細・お申し込みは朝日カルチャーセンター・湘南へ。

※燃成代を別途いただきます。
1gにつき2円(お湯呑みで500円程度)

※受講料には道具代、粘土代、消費税が含まれています。

アクセス

小田原城のお膝元の閑静な住宅街で
楽しく陶芸を習ってみませんか。

中里陶芸教室アクセス

アクセス

JR小田原駅西口より徒歩10分

小田原市城山3-25-39

中里陶芸教室

今期の秀作

自分の手でつくることを楽しんだ
受講生の作品です。

  • ボウル 火曜コース 和田さん

    ボウル

    ○火曜コース
    和田さん

    赤土に透明釉を掛けて還元焼成されたグレーの下地とトーンを抑えた下絵付けの色彩とのバランスが美しい。カルタを貼り合わせたような空間のレイアウトも面白い。

    ○火曜コース 和田さん
  • たたら造りによる板皿 土曜コース 黒田さん

    たたら造りによる板皿

    ○土曜コース
    黒田さん

    こちらも下絵付けによる加飾。酸化焼成だと、かなり鮮やかな絵の具だが、敢えて還元にて彩度を落としての焼成。口の部分にはいっちんによる装飾を施す。歪みもなくとても完成度が高い作品に焼き上がった。

    ○土曜コース 黒田さん
  • 染付のお皿 火曜コース 本多さん

    染付のお皿

    ○火曜コース
    本多さん

    マイだみ筆を使われて、じっくりと試作を重ねて描き上げる。濃淡もしっかりと出て、本当に美しい染付作品が完成。努力の賜物の作品だと思います。

    ○火曜コース 本多さん
  • 練り込み角皿 土曜コース 遠藤さん

    練り込み角皿

    ○土曜コース
    遠藤さん

    紐状にした色土を貼り合わせて成形。表面にローラーで縄目模様をしっかり押さえつけたせいか土がよく締まり、歪みがほとんど見られなかった。グリーン、グレー土の組み合わせが美しい。

    ○土曜コース 遠藤さん
  • 重箱 土曜コース 塩海さん

    重箱

    ○土曜コース
    塩海さん

    タタラによりパーツを作り、組み立てて成形。江戸時代に作られた着物の絵柄を模写する。下絵付けと上絵付けを駆使して、ご自分なりにリデザイン。歪みもほとんどなく、素晴らしく完成度の高い作品に仕上がった。

    ○土曜コース 塩海さん
  • ボウル 土曜コース 加藤さん

    ボウル

    ○土曜コース
    加藤さん

    ロクロ成形でイッチンと下絵付けにより装飾を施す。ロクロを始めて間もないが、しっかりと基礎を会得している。これからの上達が楽しみ。

    ○土曜コース 加藤さん
今期の秀作をもっと見る >
  • 花形皿 土曜コース 平澤さん

    花形皿

    ○土曜コース
    平澤さん

    萩土を利用。花弁エッジ部分は同土を紐状にして貼り付ける。
    透明釉を掛けているので、御本がはっきり美しく浮かび上がっている。

    ○土曜コース 平澤さん
  • 楕円鉢 土曜コース 黒田さん

    楕円鉢

    ○土曜コース
    黒田さん

    石膏型を利用しての成形。持ち手デザインと本体フォルムとのバランスが面白い。こちらも萩土を利用。マット釉を掛けているので、うっすらと淡いピンク色に焼き上がっている。

    ○土曜コース 黒田さん
  • 抹茶碗 土曜コース 江口さん(上) 抹茶碗 土曜コース 児玉さん(下)

    抹茶碗

    ○土曜コース
    江口さん(上)
    ○土曜コース
    児玉さん(下)

    2作品とも上手く釉薬と装飾の選択をして、土の存在感を生かしている。掌にしっくり収まるように形作られ、また重さもほど良く、使い易そうな茶碗である。

    ○土曜コース 江口さん(上)
    ○土曜コース 児玉さん(下)
  • 茶碗 土曜コース 小田さん

    茶碗

    ○土曜コース
    小田さん

    萩の土を使用。ドットと御本とがお互いの模様の相乗効果となり、シンプルだが全体的に面白い色合いの装飾となっている。

    ○土曜コース 小田さん
  • ランプシェード 土曜コース 本田さん

    ランプシェード

    ○土曜コース
    本田さん

    原型となる容器に、タタラで切り揃えた粘土をまるで糸を編んでいくように重ねていく。想像通りライティングされた陰影がとっても美しい。

    ○土曜コース 本田さん
  • 香炉 火曜コース 三國さん

    香炉

    ○火曜コース
    三國さん

    くり抜きによる成形。多少の歪みはあるが、つまみや空気口の形、釉薬の流し掛けなど全体に上手い仕上げになっている。

    ○火曜コース 三國さん
  • 片口 土曜コース 山口さん

    片口

    ○土曜コース
    山口さん

    全体を黄色のトーンに統一し、今回もとても温かみのある作品に仕上がっている。釉彩を施す部分にもう少し工夫が見られても良かったかも…。入会して間もないが絵柄と釉薬の組み合わせ方がいつも面白い。

    ○土曜コース 山口さん
  • 土鍋 火曜コース 和田さん(上) 土鍋 土曜コース 岸山さん(下)

    土鍋

    ○火曜コース
    和田さん(上)
    ○土曜コース
    岸山さん(下)

    真夏ですが、今回は土鍋を2作品紹介。どちらも持ち手やつまみ部分など含め面白いデザインに仕上がる。機能的にも使いやすそう。

    ○火曜コース 和田さん(上)
    ○土曜コース 岸山さん(下)
  • 飯椀 土曜コース 山口さん

    飯椀

    ○土曜コース
    山口さん

    土、釉薬、下絵付けなど全体的な仕上がりが、とても温かみのある作品に焼き上がっている。これからの展開が楽しみ。

    ○土曜コース 山口さん
  • 飯碗 火曜コース 本田さん

    飯碗

    ○火曜コース
    本田さん

    無駄な線を省き、デフォルメされた梅の絵柄に緑釉が美しい。ロクロも順調に上達し、全体の仕上がりも徐々にオリジナリティーが表れてきている。今後の展開が楽しみ。

    ○火曜コース 本田さん
  • 板皿 土曜コース 若林さん

    板皿

    ○土曜コース
    若林さん

    四辺に切り目を入れ、折り紙のように重ね合わせて成形。相変わらず、安定して完成度の高い作品を制作。成形途中を見ていても土の性質を良く把握している様子が伺える。

    ○土曜コース 若林さん
  • 花器 土曜コース 貞さん

    花器

    ○土曜コース
    貞さん

    イッチンによる細いラインを如何にして美しく引けるかを試行錯誤しながら、最後には無事に素敵な装飾完成。全体を白くまとめ、とってもエレガントな作品に仕上がった。

    ○土曜コース 貞さん
  • 抹茶碗 土曜コース 児玉さん

    抹茶碗

    ○土曜コース
    児玉さん

    筆を使って胎土を盛り上げ、花びらの存在感をアップさせる。還元焼成によって現れた御本、そして下絵付けによる花びらの色合いとのバランスが美しい。手の中の収まりが丁度良く、美味しくお抹茶が頂けそう。

    ○土曜コース 児玉さん
  • 小鉢 土曜コース 平澤さん

    小鉢

    ○土曜コース
    平澤さん

    粉引した胎土のエッジを剥がして、シャープな線を生かす。小品ながらとっても存在感のある作品。この技法を更に突き進めて、他の器にも応用して欲しい。

    ○土曜コース 平澤さん
  • ポットとドリッパー 土曜コース 加藤さん

    ポットとドリッパー

    ○土曜コース
    加藤さん

    手捻りによる成形。ドリッパーのしのぎ部分が特に丁寧に仕上げられている。釉薬の濃淡が美しい。ポットのフォルムをもう少し考慮出来たら、更に完成度が上がったと思う。

    ○土曜コース 加藤さん
  • 飯碗 土曜コース 岸山さん

    飯碗

    ○土曜コース
    岸山さん

    ろくろ成形による。沖縄のやむちんを参考に釉薬により加飾。ここ最近ロクロの上達が顕著に現れて来ているので、これからもより美しい作品を期待している。

    ○土曜コース 岸山さん
  • 大皿 火曜コース 三國さん

    大皿

    ○火曜コース
    三國さん

    ぽってりと柔らかみのある白い胎土の表面にイッチンによる花の縁取りを加飾する。ブルーのラインと外側の赤土との色彩のコントラストが面白い。

    ○火曜コース 三國さん
  • マグカップ 金曜コース 山口さん

    マグカップ

    ○金曜コース
    山口さん

    プロダクトデザイン的要素を含む作品。白マット釉に様々な色釉を掛け分けて仕上げる。ロクロ成形を上手に活かし、これからの作品展開がとっても楽しみ。

    ○金曜コース 山口さん
  • ピッチャー 土曜コース 府川さん

    ピッチャー

    ○土曜コース
    府川さん

    民芸の作品のように、機能性を追求する上で無駄なものを省いて行くという、シンプルな形の美しさが表現されていると思う。ロクロに悪戦苦闘しているご様子だが、基礎をしっかりとマスターしておけば、必ず応用に生かされるので頑張って欲しい。

    ○土曜コース 府川さん
  • コーヒーカップ 土曜コース 香川さん

    コーヒーカップ

    ○土曜コース
    香川さん

    一見ランダムに配置してあるかのように見える装飾だが、きちっとしたカップのフォルムに合わせて実は整理整頓されているのが面白い。持ち手にもう少し装飾の時のような配慮が見られればと思った。

    ○土曜コース 香川さん
  • お鉢 土曜コース 鈴木さん

    お鉢

    ○土曜コース
    鈴木さん

    結晶釉の流し掛けによる釉彩がとっても美しい。ロクロ成形しているので、シャープなフォルムがより全体の美しさを強調させている。

    ○土曜コース 鈴木さん
  • 蓋物 土曜コース 黒田さん

    蓋物

    ○土曜コース
    黒田さん

    釉薬を3種類掛け分けして、色彩のバリエーションを作る。線刻部分の釉薬の濃淡が効いている。小物だが、とても完成度の高い作品だと思う。

    ○土曜コース 黒田さん
  • 中鉢 金曜コース 馬場さん

    中鉢

    ○金曜コース
    馬場さん

    石膏型による成形。掻き落としの技法によりイラストを入れる。鮮やかな化粧土の色彩に入れられた絵柄がとっても楽しく快活に表現されている。成形技法の選択も今回の表現に合っていると思う。

    ○金曜コース 馬場さん
  • 花入れ 火曜コース 小平さん

    花入れ

    ○火曜コース
    小平さん

    大胆かつ動きのあるフォルムが面白い。花を生けても良し、オブジェのように設置しても面白いと思う。

    ○火曜コース 小平さん
  • 飯碗 土曜コース 大木さん

    飯碗

    ○土曜コース
    大木さん

    前回に引き続き今回も秀作にピックアップ。一生懸命に作陶している姿が作品に現れていると思う。飯碗として手に馴染む適度な重さも良し。そして食べ終わった後に現れて来る絵柄の色彩が面白い。

    ○土曜コース 大木さん
  • 注器 土曜コース 佐々木さん

    注器

    ○土曜コース
    佐々木さん

    瓶にタタラの粘土を巻き付けて成形する。釉薬を針で削り取り、模様を付ける。線刻のシャープなラインがフォルムを引き立てている。

    ○土曜コース 佐々木さん
  • 飯碗 土曜コース 飯山さん

    飯碗

    ○土曜コース
    飯山さん

    一本一本の線ごとにとても丁寧な下絵付けを施す。いつも見習いたくなる程の丁寧さが作品の完成度につながっていると思う。釉薬と模様との色彩にとても温かみがあり、美味しくご飯が頂けそう。

    ○土曜コース 飯山さん
  • ぐい呑 土曜コース 大木さん

    ぐい呑

    ○土曜コース
    大木さん

    家でスケッチされた絵を元に下絵付けを施す。今回は釉薬を流し掛けしたりと新しいことに挑戦されて面白い作品が完成したので、これを機会にこれからも様々な技法に是非ともチャレンジを!

    ○土曜コース 大木さん
  • お湯飲み 土曜コース 川口さん

    お湯飲み

    ○土曜コース
    川口さん

    染付をして白マット釉を掛ける。一段ごと丁寧に紐を積み上げて成形。指跡や微妙な歪みを残して、手びねりによる造形感を残す。手びねりの温もりを上手く表現できている作品だと思う。

    ○土曜コース 川口さん
  • 碗 火曜コース 本田さん

    ○火曜コース
    本田さん

    カンナでしのぎをされた上に青磁釉を施す。フォルムと釉薬の濃淡が美しい。技術的な完成度(作品の重さなども含めて)は、かなり上達してこられたと思うので、これからは模写による作品制作ではなく、よりオリジナリティー溢れる作品展開を期待する。

    ○火曜コース 本田さん
  • 花模様のお皿 土曜コース 加藤さん

    花模様のお皿

    ○土曜コース
    加藤さん

    還元でグレーになる水簸土を選択して成形。グレーと緑の化粧土の組み合わせ、そして花弁のデザインが面白い。

    ○土曜コース 加藤さん
  • 組み皿 土曜コース 塩海さん

    組み皿

    ○土曜コース
    塩海さん

    ロクロ成形による揃い物の作品。初めてのロクロによる皿造りだが、大きさはもちろんの事、高台もしっかりときれいに削られている。強還元の影響で流し掛けで出来た釉薬の濃淡がより一層際立ち、とても面白い焼き上がりになっている。

    ○土曜コース 塩海さん
  • 貝殻の小鉢 土曜コース 江口さん

    貝殻の小鉢

    ○土曜コース
    江口さん

    御影土に白い貝殻模様を施す。内側と外側に描かれた貝殻のアクセントの入れ方が面白い。手びねりで造られたフォルムの柔らかさが上手く表現されていると思う。

    ○土曜コース 江口さん
  • ミニカップ 土曜コース 安藤さん

    ミニカップ

    ○土曜コース
    安藤さん

    ミナペルホネンの刺繍のデザインを参考に、一つずつ針で凹みを作り、そこに色化粧土を埋めて象嵌装飾を施す。初めてロクロ成形で造った作品だが、成形、削り、装飾などすべてにおいて、とっても丁寧にこなされている。

    ○土曜コース 安藤さん
  • 角皿 土曜コース 佐野さん

    角皿

    ○土曜コース
    佐野さん

    手捻りによる成形。ブルーの陶彩パスにて絵付けを施す。角張ったお皿のフォルムと格子模様のデザインの組み合わせが面白い。

    ○土曜コース 佐野さん